日焼けしてしまった後のケアとしてエステは有効?

公開日:2022/07/27  

「紫外線対策をうっかり忘れてしまい日焼けしてしまった」という場合、どのようなケアをすれば日焼けした肌のダメージを緩和することができるのでしょうか。この記事では、紫外線が肌に与える影響と、日焼けした後のケアについて詳しくお伝えしています。日焼けにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

紫外線が与える肌への影響・ダメージとは

紫外線は目に見えないので、紫外線が強いと言われてもピンと来ない方もいるかもしれません。しかし、紫外線は日々降り注いでおり、少しずつ肌にダメージを蓄積させていきます。

紫外線は、UVAとUVBが肌へ影響があるものとされています。UVAはシミやたるみ、シワの原因になる紫外線です。そしてUVBは、肌を赤くしたり黒くしたりする紫外線になります。また、シミやそばかすの原因にもなります。

目に見えない紫外線ですが、国内では強く降り注ぎ始めるのが3月くらいからで、例年9~10月あたりまで強くなっていると言われています。ちなみに、曇っていても紫外線は降り注いでおり、曇りの日の紫外線量は晴れている日の半分以上と言われているので、曇っていても油断はできません。しっかりと日焼け対策をしたいのなら、紫外線の強い傾向にある3月から10月まで、日焼け止めは毎日塗る必要があるでしょう。

紫外線を浴びると肌の中でメラニン色素が作られ、これがスムーズに排出されていればシミになりにくいのですが、ターンオーバーが乱れて肌の生まれ変わりが遅くなると、シミとして出てきてしまいます。特に加齢とともにターンオーバーが遅くなってしまうことから、シミが目立ってきてしまうのです。

自分でできる日焼け対策は?

紫外線が肌に与える影響はさまざまです。そのため日ごろから自分で行える日焼け対策はしっかり行っておきましょう。ここからは自分でできる日焼け対策を4つご紹介します。

日焼け止めを使う

紫外線は365日降り注いでいます。日焼け止めは必ず毎日使いましょう。なお、日焼け止めは一回塗れば一日中効果が持続するものではありません。こまめな塗り直しが必要です。できれば2時間から3時間おきに塗り直しましょう。

また、室内で過ごしていても紫外線は窓を通り抜けて入ってきています。室内でも紫外線対策はしておきましょう。

日焼け対策アイテムを使う

日傘やサングラス、ストール、帽子などの日焼け対策グッズを使いましょう。日焼け止めと併用することで、紫外線から肌を守ることができます。暖かい季節は半袖やショートパンツなどを着る方も多いですが、この場合、身体の日焼け対策を忘れてしまいがちです。アームウォーマーやハイソックスなども使うと良いでしょう。

また、室内での日焼け対策として、室内のカーテンをUV加工されたものにするのもおすすめです。ほかにも、車に乗る方は車の窓にUVカットできるフィルムを貼るなども有効です。

食べ物で身体の中からケア

紫外線を浴びた肌をケアするために、身体の中から紫外線ダメージを減らせる食品を摂取しましょう。緑黄色野菜がおすすめです。中でもトマトはリコピンを多く含んでいて抗酸化作用が高いので、紫外線ダメージを緩和することが期待できます。

サプリメントを使う

紫外線対策としてサプリメントもおすすめです。飲む日焼け止めと呼ばれるサプリメントもあるほどで、紫外線のダメージを緩和してくれる働きが期待できます。

日焼けしてしまったらエステで身体をしっかりケア!

もし日焼けしてしまった場合、一般的には自宅でケアを行いますが、自宅のケアだけでは紫外線のダメージを緩和できない場合もあります。そのような時は、プロの手を借りることでしっかり紫外線ダメージをケアできるので、相談してみることをおすすめします。

日焼け後の肌の状態は個人差があります。メラニンが生成されやすい体質の人もいるので、このような人はどうしてもシミになりやすい傾向にあります。市販のアイテムだけで美白ケアをしても追いつかないかもしれません。

その点、エステサロンでは一人ひとりの肌質を確認して最適なケアをしてくれます。自分に合った方法で肌トラブルをケアしながら、美しい肌になるように整えてもらえるのです。

美白トリートメント

エステでは美白系のメニューを取り入れているお店が多いです。美白に特化していて、肌の透明感を取り戻す効果が期待できます。美白成分を肌にしっかり導入して、紫外線のダメージの緩和をしてくれるでしょう。

角質除去

エステでは、角質除去も行います。古くなった角質が除去されることで、ターンオーバーのスピードが早くなりシミになりにくくなります。また、肌に美容成分が浸透しやすくなるので、保湿力も高まるでしょう。角質が除去されると、肌全体のトーンもアップしますよ。くすみが取れてお化粧のノリも良くなります。

まとめ

日焼けしてしまった後の肌のケアは、エステサロンで行うのがおすすめです。自分で行うケアにもさまざまありますが、エステサロンでケアすることで、より効率よくお肌のダメージを緩和することが可能です。エステティシャンに相談して、最適なコースで日焼け後の肌をケアしてあげてください。

おすすめ関連記事

検索
【豊洲周辺】エリア別フェイシャルエステサロン一覧

【NEW】新着情報

鏡で顔を見たときに赤みがあるとつい気になってしまいますよね。体調が優れないわけでもないのに顔全体や一部が赤くなってしまう赤ら顔。自分で治すのは難しいのでしょうか。赤ら顔になってしまう原因や治
続きを読む
肌の乾燥といえば冬のイメージですが、実は夏も肌は乾燥するのをご存じでしたか?夏は湿度も高いので特別なケアはいらないと思っている人も多いのではないでしょうか。保湿ケアがおろそかになりがちな夏こ
続きを読む
肌トラブルの中でも多くの人が悩んでいるもののひとつに、ニキビを挙げられるでしょう。ニキビはできると不快であるばかりか、跡になると大変厄介なものでもありますよね。今回はそんなニキビについて理解
続きを読む