赤ら顔を自分で治すのは難しい?原因と治し方について解説!

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/10/05

鏡で顔を見たときに赤みがあるとつい気になってしまいますよね。体調が優れないわけでもないのに顔全体や一部が赤くなってしまう赤ら顔。自分で治すのは難しいのでしょうか。赤ら顔になってしまう原因や治し方について解説します。赤ら顔など肌の赤みに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

どうして赤くなる?赤みの主な原因は2つ!

何らかの原因で顔に赤みを帯びてしまう赤ら顔。一体どのような原因で引き起こされているのでしょうか。赤みの主な原因は2つあるといわれています。

1つ目は皮膚の炎症による赤みです。皮膚は乾燥や外的刺激などにより、皮膚炎やニキビなどの肌トラブルを引き起こすケースがあります。炎症をともなうニキビを繰り返したり、慢性化した皮膚炎を起こしたりすることによって赤みを帯びた肌になってしまいます。

花粉やほこり、紫外線などによって炎症した肌が正常な肌に戻ろうとして血行が促進され、肌が赤く見えてしまうことも。この際に免疫異常が生じると肌は慢性的に軽い炎症状態になってしまいます。もともとの肌が白い人は赤みが目立ちやすい傾向にあります。

2つ目は毛細血管の拡張による赤みです。毛細血管が拡張することによって血管が肌に浮き上がり、何らかの原因で元に戻らなくなる症状のことを毛細血管拡張症といいます。

毛細血管がずっと拡張しているが炎症を伴わない、赤みが自然に消えないといった場合に診断されるケースが多いです。体質によるものや生活習慣によるものなど原因はさまざまです。また、極度の緊張状態や飲酒によって赤みの症状がさらに強くなることもあります。

普段のお手入れが原因になっていることも…

肌を美しく保つためのスキンケアが実は肌に負担を与えていて、赤ら顔の原因になってしまうことがあります。メイクをする人はクレンジングの際に皮膚を強く擦りすぎることで肌を傷めてしまっている可能性があり、通常の洗顔に関しても同様に擦りすぎは禁物です。

摩擦による肌へのダメージは大きく、擦りすぎることで必要な皮脂を奪ってしまったり乾燥の原因になったりもするため注意が必要です。

ほかにも使用しているクレンジングや洗顔の洗浄力が強すぎることや、肌が綺麗になるからといってスクラブやピーリングの使用頻度が多すぎることも赤ら顔の原因につながります。間違ったスキンケアによって肌を傷つけ、炎症が起きることによる肌の赤みはスキンケアを改善しない限りは赤ら顔も改善されません。赤ら顔に悩んでいるなら普段のスキンケアを一度見直す必要があるでしょう。

自分でできる改善方法や隠し方

赤みや炎症の症状が出ている肌はとても敏感な状態です。また、ひどい乾燥によって赤みを引き起こしている場合もあるため、まずは保湿によるセルフケアをおすすめします。

セラミドやヒアルロン酸などバリア機能に働きかけながら保湿もできる成分を肌に浸透させることで徐々にバリア機能が高まり、赤みが改善されることも。ただ、肌に塗ったものの刺激も受けやすいので、スキンケアや化粧品は敏感肌用のものを使用するとよいでしょう。

外出の際にどうしても赤みが気になるようであればメイクで赤みを隠してしまう方法も。ファンデーションやコンシーラーを使うことでうまく綺麗に赤みを隠すことは可能です。コントロールカラーを使用する際はグリーンやブルー、イエローが赤みにはおすすめです。自分の肌色に合ったコントロールカラーで赤みを隠し、顔色が悪くならないようにしましょう。

根本から治したいならプロに相談しよう

充分な保湿ケアやスキンケアの見直しでも改善されない場合はプロに相談することを検討してみてもいいかもしれません。セルフケアでは改善まで時間もかかり、根気が必要です。いろいろなものを試すうちに費用がかさんだり、間違ったやり方をしたりするようではさらに悪化してしまう可能性もあるでしょう。

しかしエステティックサロンなどでプロの施術を受けることによって簡単に短期間で赤ら顔を改善できるかもしれません。早く赤ら顔を改善できればストレスも減るうえ、赤ら顔を改善するために使っていたスキンケア用品や化粧品が不要になります。赤みがなくなればすっぴんの肌を見るのも楽しみになるでしょう。

エステティックサロンではプロのカウンセリングを受けたうえで施術を受けられるので、自分の肌に合った施術を受けられます。また、不安なことや悩んでいる症状などをじっくり相談しやすいのもメリットです。なかなか改善しないしつこい赤ら顔の症状は、一度プロに相談してみることをおすすめします。

まとめ

気になる赤ら顔は慢性的な皮膚炎や日頃の間違ったスキンケア、毛細血管の拡張などが原因で起こってしまうようです。自分でできる改善方法もありますが、時間も費用もかかってしまう上に必ず改善できるとは限りません。外出の際などはメイクで隠してしまう方法もありますが、やっぱりできれば根本から改善したいもの。

長年悩み続けた赤ら顔の症状でも、プロに頼ることで簡単に改善できるかもしれません。顔の赤みが気になる方はぜひエステティックサロンでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。悩んでいた赤みがあっという間に改善できるかもしれませんよ。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

肌が乾燥している方は、肌トラブルでも悩まれているのではないでしょうか。肌の乾燥は、赤みやかゆみ、ブツブツなどのトラブルにつながりやすいです。では、肌はどうして乾燥するのか、乾燥肌のケアはどの
続きを読む
綺麗になりたい、日々の疲れを癒したい、頑張った自分へのご褒美などエステに通う理由はさまざまです。癒しを与えてくれる素敵な空間と、リラックスできる音楽は特別な時間を生み出してくれます。数あるう
続きを読む
エステサロンに興味を持ったことがある女性は多いですよね。そこで今回は、東京都江東区の東雲でエステサロンを探している方におすすめの店舗を3つ紹介します。それぞれの特徴や雰囲気、どんなコースがあ
続きを読む